Gioire

The life with S2000 Gioire

ビートの純正パーツ供給再開

マツダ初代ロードスターのレストアサービスをするということで話題になっていたが、ホンダビート一部のパーツ供給を再開したそうで、元オーナーとしても喜ばしいニュースである。古い車を大事にするという姿勢が少しは日本のメーカーにも生まれて来ているのだろうか。

 

 ビートは、1991年5月に誕生し、今年で26年を迎えました。(2017年現在)
Hondaとしても「ビートをより長く楽しんでいただきたい」という想いで、
この度、一部純正部品の生産を再開することを決定しました。
生産再開が決定した部品から順次公開致しますので、
是非、Honda純正部品をご使用ください。

 

今後、S2000もこういったサポートが受けられると良いね。

 

ネオバのサイズが消えてた・・S2000タイヤ選び

f:id:gioireblog:20170905235016j:plain

S2000に履いているアドバン・ネオバ(AD08R)。大変気に入っているのだが、そろそろ減ってきている(写真は購入時のもの)。次も迷わずネオバ!と決めていたのだが、何とサイズが消えているじゃないか。前期のフロント 205/55R16なんだが、それが消えている。まじか・・。

 

実はあまり目立たずプロモーションされてないが、A052というのが出ている。見た目はかなりアグレッシブなんだが、これが後継なんだろうか。適応サイズはありそうだ。調べてみる必要ある。しかし、ショックである。

 

追記 (2017.09.09)

確認したところ、やはりこのサイズのネオバは廃盤らしい。A052はクラスがちょっと違うので、BS RE71かDUNLOP ZIIIで見積もりとったみた。価格的には、ZIIIが圧倒的に良さそう。これを機にインチアップも含めて考えるという手もあるか…。いや、やっぱこのくらいの扁平率が自分は好きだわ。

 

 

 

2017モータースポーツ:日本視点では残念な前半戦

f:id:gioireblog:20170828221029j:plain

2017年のモータースポーツは、サマーブレイクを終えて早くも後半戦に入った。個人的には開幕前の期待を見事に裏切られた前半戦であった・・。

 

ルマン24時間は、もう勝つしかないはずだったトヨタだが、トラブルによりあっけなくリタイヤで終わった。速さはあったのだが・・。ポルシェが優勝し、その後撤退を発表して勝ち逃げされてしまった。トヨタだけの参戦では、続ける意味はだいぶ減るだろう。メーカーの興味は、フォーミュラEに移っており、WECへの新たな参戦が見込めない以上、事実上このLMP1-Hは終演を迎えたと言って良さそうである。次の興味はトヨタが今後継続参戦するのか?である

 

F1の衝撃はそれ以上であった。今年はメルセデスフェラーリの高レベルのバトルが繰り広げられているが、日本視点では、まさに悪夢のホンダ。あまりに遅すぎて、F1参戦が悲劇にしかなっていない(苦笑)。アロンソは、3年我慢して全く競争力の無いホンダにご乱心 (無理も無いけど)。 来年もホンダだったらマクラーレンと契約しないだろう。マクラーレンもホンダと別れたいけど、ホンダが払っているスポンサーマネーが必要なのでマクラーレン・ホンダが継続すると思ってはいるが・・。少なくとも来年はマクラーレンか、トロロッソで参戦するのではないかと信じている。それにしてもホンダがF1で失ったブランド・イメージって相当だろう。ホンダ社員やOBはどう思っているのかしら。同情する。チャンピオン争いよりも興味があるのは、ホンダの行く末である。このハイブリッド・レギュレーションの間は這い上がれないだろうと見ているが、撤退したら二度とイメージを挽回できないので、とにかく続けて欲しい。

 

良かったニュースは何と言っても、佐藤琢磨 インディ500優勝。そしてWRCに復帰したトヨタの健闘。これらと残念ニュースが良い感じでバランスとれているのかもしれない。あ、MotoGPは、安定して今年も面白いです。

カタログ拝見:ホンダ・シビック

f:id:gioireblog:20170818200111j:plain

ホンダ・シビックが国内復活~。と言っても今更誰もときめかないと思うけど、ほぼ軽、コンパクト、ミニバンで占められるホンダのラインアップにあって、セダン的な車種が加わってくるのは、喜ばしいことである。しかもシビック TypeRもある。

 

続きを読む

カローラ・アクシオ HYBRID:ロングランテスト

f:id:gioireblog:20170806222801p:plain

7月の下旬に家族と北海道に行って来た。レンタカーとして借りたのは、カローラのセダン版、アクシオのハイブリッド。以前アクアで北海道を回った時、その燃費に驚かされた。今回もアクアで良かったが、アクシオも安く借りられたので試してみた。

 

続きを読む

フィット: ビッグ・マイナーチェンジだが…

f:id:gioireblog:20170719180549j:plain

ホンダ・フィットがMCを行った。自分も二代目のGE型フィットのオーナーであるため、フィットには注目している。今回のMCでは、デザイン面での改良を期待していたのだが、その点は物足りない。前後バンパーにあった大きな穴は無くなって少しスッキリしたが、ヘッドライトやグリル周りの纏め方に苦労しているようで、今回もなにやら変更している。前期よりは質感もだいぶ高くなり、デザインも少々マシになったと思うが、なにぶん元が悪いので限界があろう。あの切れ長のライトは、この手のコンパクトカーにはそぐわないと思うのだが、ホンダは暫くこのファミリーフェイスを続けるのだろう。

 

続きを読む

SUBARU WRX STi : 全体的には良い感じのMC

f:id:gioireblog:20170711233746j:plain

スバルWRXおよびWRX STiがマイナーチェンジしたようである。中身の変化はそれほど大きくない様だが、スバルのことなので、(あまり評判の良くなさそうだった) サス周りはしっかり改善して来ているだろう。

 

続きを読む