Gioire

The life with S2000 Gioire

2018 F1:前半戦を終えての感想、見所多し!

f:id:gioireblog:20180815213707j:plain

今年のF1は、面白いね。前半戦終わったところで、感想など。

 

 

チャンピオンシップが面白い

現行レギュレーションになってから席巻してきたメルセデスの優位が薄れて、逆にチートしてるのではないかと思うくらいフェラーリが速くなってしまった。ただ、その速いフェラーリに乗っているベッテルやチームがミスを犯し、ハミルトンが運もありつつ、巧みなドライビングでポイントを重ねている。レッドブルもちょっと勝っている。ハミルトン 5勝、ベッテル 4勝、リカルド 2勝、フェルスタッペン 1勝。それぞれ速いサーキットが異なり、そのバランスでチャンピオンシップが面白い!

メルセデスも必死で開発を進めるだろうが、後半もフェラーリの強さは揺るがない気がする。世の中ではベッテルに勝って欲しいと思っている人が多いだろう。個人的にはベッテルがこれほどチャンピオンシップに勝ってきたことに違和感があるし、今年の戦いもそれを表している。このままハミルトンがチャンピオンになって欲しいと願うが、どうなるだろう。

 

ホンダとマクラーレンの関係が面白い

昨年さんざんマクラーレンにコケにされたホンダだが、今年はトロロッソと組んでのびのびやっており、そこそこ結果を出している。かたやマクラーレンは、念願のルノーを手に入れたが期待通りに遅かったw。運とアロンソの腕だけでポイントを取っているものの、バンドーンの成績から見るにマシンは最悪。チームの内部告発もあったりで、内部はドロドロ。幹部の粛清が続いている。逆にホンダは、2019年にレッドブルと組む事が決定した。このチームの対比も面白い。

マクラーレンの没落はかつての名門ロータスを思い出す。ホンダエンジン、スポンサーを失い、徐々にじり貧になり、数年で消滅した。まぁその前に無くなるのはウィリアムズかね。ホンダは来年からまた大きなプレッシャーに晒されることになる。個人的にはあと一年は、トロロッソで修行できれば良かったと思うけど、どうなるだろう。

 

早くもストーブリーグが過熱

フェルスタッペン体制のレッドブルから抜けて、リカルドはルノーに移籍、アロンソは勝てないマシンでついに引退、フェラーリのマルキオンネの急逝でドライバー選定に変化、フォースインディアをストロール家が買収、ウィリアムズのメルセデスBチーム化が進む、など、2019に向けての変化点がすごい。空いた席に誰が座るのか?興味深い。

リカルドは、ベッテル体制で日陰の存在となった同郷の先輩、ウェーバーにはなりたくないと思ったのだろう。アロンソは、ドライビングに関しては、超一流であった。それは誰も異論は無いだろう。しかし、F1ではチームをまとめ、マシンを開発する力も必須である。皆にあそこまで嫌われてしまってはね。ドライビング以外の要因から必然の結果と言えるだろう。ホンダをクソミソに言うまでは、好きだったんだけどね・・。

 

後半戦に向けて見所多し!