Gioire

The life with S2000 Gioire

2018年 モータースポーツ振り返り

いやぁ、今年のF1は面白かった。それ以外は、それほどでも無かったが。

 

 

まずルマン。ポルシェは去ってしまってプロトクラスで唯一となってしまったトヨタだが、何としても優勝という実績を作るべく今年も孤独に継続。そして勝てて良かった。もしこの状況でリタイヤしてたら、それは悲惨だったからね。アロンソトリプルクラウンに向けてごっつぁんの優勝。トヨタは次年度以降も続けるつもりなんだろうか?アウディのように勝ち続けて時代を作って欲しいものである。

f:id:gioireblog:20190103170044j:plain

 

WRCは、復帰2年目でトヨタがメーカー選手権で勝ってしまった。詳しく観てないので状況を良く知らないのだが、どう解釈すべきかわからん。すごいのかすごくないのか。まぁ、新参でも勝負になるところは、ある意味古典的な良さが残ってるんだろう。おめでとうトヨタ。しかし、ドライバーは相変わらずオジェなのね。6連覇だそうで、他のやつがダメ過ぎだな。

f:id:gioireblog:20190103171001j:plain

 

一方のF1ホンダだが、没落マクラーレンから解放してもらって、トロロッソと組んでのびのび過ごせ、結果もある程度ついてきた一年だったと思う。しかし冷静に見てみると、4年経ってもまだ差は大きい。シャシーの占める割合が大きいのは分かるが、PUとしても2強(メルセデスフェラーリ)に対しては、まだまだ大きい差がある。来年レッドブルと組むというのは楽しみであるが、また厳しくなるだろう。勝つために汚いことでもするくらいの気概で望んで欲しい。

 

さて2018年のチャンピオンシップは、フェラーリが戦闘力あるマシンを用意し、楽しませてくれた。しかし、結局ドライバーもチームもミス連発で不甲斐無かった。それが後半戦の圧倒的な差に見て取れる。ミスの連発は、見ている方としては面白かったが・・。最後に後方で腐っていたアロンソも引退してスッキリした。彼の実力に対して結果が伴ってない、でもそれは自業自得というのが共通認識であろう。

 

さて来年はレッドブル・ホンダが誕生する。マシンのレギュレーションが変更になり、少しかっこ悪くなってしまうのが残念。レギュレーション変化点でも、恐らくメルセデスフェラーリのアドバンテージも継続されるであろう。エイドリアン・ニューウェイを信じているが、レッドブルは今年を下回らない程度に結果を残して欲しい。注目ドライバーは、レッドブルフェルスタッペンフェラーリルクレール。この二人が、ハミルトン、ベッテルから何勝もぎ取れるか?

f:id:gioireblog:20190103172406j:plain

 

gioire.hatenablog.com