Gioire

The life with S2000 Gioire

スズキ スイフトスポーツ試乗:ターボのトルクと軽さを実感

f:id:gioireblog:20180313000251j:plain

各所で評判の良いスイフトスポーツ。過去記事でも書いたが、非常にコストパフォーマンスが高いモデルと評価している。

 

gioire.hatenablog.com

 

個人的な興味から試乗してみようかと思っていたのだが、調べてみると、近くのディーラーに6MTがあることがわかったので、暇を作って訪れてみた。MTを置いてるあたりが偉い!「直近で買う予定は無いが、興味があるから試乗したい」と説明したところ、「乗れば良いクルマだと分かるので乗ってみて」と、気前良く乗せてくれた。少人数でやりくりしている小さなディーラー。忙しい中、対応してくれて感謝!

 

 

40分くらい近場を乗ることができたが、平坦で直線しか無いので、乗り心地やハンドリングをあまり確認することはできない。出だしから感じたのは、軽さとターボのトルクが相まった、予想通りのパワー感! 低速でもトルクがあり、3500rpmぐらいからグワっとパワーが湧き出る感じ。ちょっと驚いた。S2000よりパワフル。ま、ターボだから当たり前なんだけど、軽いというのも大いに関係しているだろう。レブリミット6000回転ほどしか回らないしトルクもあるので、もう少しワイドレシオでも良さそうに思う。しかし、これは楽だし速い。おじさんにはちょうど良い。

 

スポーツカーではないから、シフト、シート、ハンドルの相対的な位置関係はあまり良くないので、ちょっと運転しづらい。インプもこんな感じだったから、まぁ許容範囲であろう。ハンドルの重さ、シフトの感触、カックンとなるブレーキのタッチ、昔乗ったルノールーテシアを思い出した。

 

走りとは関係ないが気になったところでは、リアドアのハンドル。かっこ良いとも思わないし、あまりに使いにくい。また、スピードメーターが無駄に260kmまであるんだけど、こんな速度不要だし見づらいんだよね。やめて欲しい。

 

この走りを味わったあと、見積書を見ると200万そこそこという驚く安さ。スズキは何とも良心的な価格のクルマを作ったものである。このクルマ、売れて欲しい!

 

f:id:gioireblog:20180313000851j:plain