Gioire

The life with S2000 Gioire

2017モータースポーツ:日本視点では残念な前半戦

f:id:gioireblog:20170828221029j:plain

2017年のモータースポーツは、サマーブレイクを終えて早くも後半戦に入った。個人的には開幕前の期待を見事に裏切られた前半戦であった・・。

 

ルマン24時間は、もう勝つしかないはずだったトヨタだが、トラブルによりあっけなくリタイヤで終わった。速さはあったのだが・・。ポルシェが優勝し、その後撤退を発表して勝ち逃げされてしまった。トヨタだけの参戦では、続ける意味はだいぶ減るだろう。メーカーの興味は、フォーミュラEに移っており、WECへの新たな参戦が見込めない以上、事実上このLMP1-Hは終演を迎えたと言って良さそうである。次の興味はトヨタが今後継続参戦するのか?である

 

F1の衝撃はそれ以上であった。今年はメルセデスフェラーリの高レベルのバトルが繰り広げられているが、日本視点では、まさに悪夢のホンダ。あまりに遅すぎて、F1参戦が悲劇にしかなっていない(苦笑)。アロンソは、3年我慢して全く競争力の無いホンダにご乱心 (無理も無いけど)。 来年もホンダだったらマクラーレンと契約しないだろう。マクラーレンもホンダと別れたいけど、ホンダが払っているスポンサーマネーが必要なのでマクラーレン・ホンダが継続すると思ってはいるが・・。少なくとも来年はマクラーレンか、トロロッソで参戦するのではないかと信じている。それにしてもホンダがF1で失ったブランド・イメージって相当だろう。ホンダ社員やOBはどう思っているのかしら。同情する。チャンピオン争いよりも興味があるのは、ホンダの行く末である。このハイブリッド・レギュレーションの間は這い上がれないだろうと見ているが、撤退したら二度とイメージを挽回できないので、とにかく続けて欲しい。

 

良かったニュースは何と言っても、佐藤琢磨 インディ500優勝。そしてWRCに復帰したトヨタの健闘。これらと残念ニュースが良い感じでバランスとれているのかもしれない。あ、MotoGPは、安定して今年も面白いです。