Gioire

The life with S2000 Gioire

ホンダ 新型 NSX : 気持ちが盛り上がらない3つの理由

f:id:gioireblog:20160920003610j:plain

国産のスーパースポーツホンダ NSXが復活した。リーマンショック前に開発されていたFRのモデルではなく、MRで復活したのは良かった。それにしても、国産スーパースポーツが復活したというのに、世間は静かなものである。かく言う自分も、ホンダのウェルカムプラザで実物を見たけど、ときめきは無かった。それにはそれなりの理由がある訳だ。

 

1. 価格が高過ぎる

高価であることが悪いことではない。価格に合う車であれば良いわけだ。だが、庶民からすると、あまりに遠い存在であることは事実である。この価格を見て、しらけてしまうのも無理もあるまい。 

 

2. すごさが想像しづらい

近年のスーパースポーツは、分かりやすく官能的だった一昔のものとは異なる。3モーターのハイブリッド、高技術で構築されたシャシーなど、そのパフォーマンスや技術力は評価に値すべきものだとしても、テクノロジーの進化が、一般人にはわかりにくいものになっていることは事実だろう。 

 

3. イメージの話

今回はアメリカ産のNSXというのも、日本人には大きい要因だろう。高根沢に専用の工場を作って生産されたNSXは、当時のF1での活躍もあり、個人的には日本人として誇らしかった。今回は、ビジネス上、必然的にアメリカ産だし、日本で売る気も無いようだ。F1も昨年、信じられないくらいの醜態を見せた。あれを見たら、ホンダの技術力に正直なところ、疑問符もつく。(それにしても、フラグシップは、日本で作って欲しかったなぁ。)

 

という具合で、いろいろ遠い存在であることは間違いない。だが、日本ではミニバンメーカーとなっているホンダからこういうモデルが出たことは、正直驚きであり、嬉しい。エンジニアのポテンシャルを示すには、スポーツカーしかない。今後、絶え間ない改良でこのモデルを育てて欲しい。デザインはイマイチなので、そこも含めてね。