読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gioire

The life with S2000 Gioire

退屈で辛いF1 2015シーズンがやっと終わった

f:id:gioireblog:20160106003609j:plain

退屈だったF1 2015年シーズンが、やっと終わった。長かったなぁ。今年もメルセデスが圧勝。そしてハミルトンが連覇だ。その多くに貢献したのは、メルセデス パワーユニットのパフォーマンスと信頼性である。今年は、このレギュレーションになって2年目であるにもかかわらず、他メーカーの不甲斐無さが、何とも驚きであり落胆であった。退屈であり、辛かった・・。

MGU-K(運動エネルギー回生) + MGU-H(熱エネルギー回生) + ICE(内燃エンジン) という、ハイブリッドシステムが導入されて2年目となった2015年のF1だが、メルセデスを除くエンジンメーカーの設計ミスがあまりにも酷かった(フェラーリはまだ健闘していたが・・)。MGU-Kについては回生、放出量ともにレギュレーションにより規定値があるが、MGU-Hには回生、放出量ともに制限がない。つまり、そこをいかに利用できるかで、パフォーマンスが決まる。

こんな単純なことが、なぜ天下のホンダルノーに分からないのか・・。特に新参のホンダに至っては話にならないレベルなので、本当に分かってなかったんだと思われる。今年から復帰したとはいえ、とても擁護できない。やってる方はもちろんだろうが、見てる方も恥ずかしい一年であった。この一年でマクラーレンとホンダは、伝統あるそのブランドを地に落としたと言えるだろう。そして、才能あるベテラン チャンピオンドライバーの貴重な一年を無駄にした。その点で罪深い一年だったと思う。その点に関して、新井とかいうオッサンではなく、ホンダ社内の声を聞いてみたいわ。

果たして、2016年、ホンダは一回くらい表彰台に上がれるかなぁ。