Gioire

The life with S2000 Gioire

S660の試乗の後、ビートを懐かしむ

f:id:gioireblog:20160106004014j:plain

先日S660に試乗したが、ホンダ/軽/MRという共通点はあるものの、ビートとは大きな違いを感じた。特に進化を感じるのは、シャシー剛性、タイヤサイズなどを含めたコーナリング性能、エンジン特性、などである。もちろん、時代が違うので、当然の話である。

ビートを思い出すと、あまりにひ弱なボディで、段差ではハンドルから何から軋むし、ローギヤード過ぎて、高速なんかは非常に疲れた。幌が傷んでくると、雨漏りもするし、ECUも熱害で壊れるなど、トラブルも耐えない。でも、ひとたびワインディングに持って行くと、超高回転型のエンジンをぶん回して楽しめる。いや、街乗りでも楽しい。言ってみれば、おもちゃ的なキャラクターである。それに対して、S660は、れっきとした現代のスポーツカーである。楽だし、ポテンシャルは高い。ベクトルが全く異なるのだ。

恐らく、ビートオーナーはこのクルマへの乗り換えを考えないだろう。